ダイナム、微妙なPB機アンケート結果を発表。

ホール

ダイナムのPB機。2006年11月にリリースされた大和製作所の満願チューリップが第一弾。当初はどちらかというとマイナー機種だったり、中小メーカーの機種が多いイメージだったけど、最近では三洋とかSANKYOからもダイナムスペックが販売されるようになって、継続は力なりだなぁと思う。まぁ、相対的に販売台数が減ってるっていう事情もあるとは思うけど、最近だとベニヤにダイナムのロゴがあったり、確実に進化はしている感はある。

スポンサーリンク

ユーザーはPB機とかどうでも良いのかもしれない

そんなダイナムのPB機の新ブランドとして「ごらく」を発表したのが今年の1月末。第一弾はクィーン&パワフル。新ブランドってことは従来のPB機とは別ってことなのかな?PB機=ごらくってこと?ま、それは良いとして、このごらく第一弾を遊技したユーザーにアンケートをとったみたいで、その結果が公表されたらしいから見に行ってみた。

■ 遊技者の約70%が「満足した」と回答
Q.「ごらく」シリーズを遊技してご満足いただけましたか?
・満足した 69.8%
・不満 30.2%
■ 遊技者の約87%がリピート遊技を希望
Q.「ごらく」シリーズでまた遊んでみたいと思いますか?
・また遊びたい 86.6%
・遊ばない 13.4%

お客様の声をカタチに!回答者の約87%が「また遊びたい」 ~PB機ユーザーアンケート調査に2,000名が回答~:ダイナム

ほぉ、ほぉ。この手のアンケートだと、ポジティブな回答になりがちだけど、それでもまずまずの結果。概ね好意的に受け取られてるってことかもね。

■ 「ごらく」ブランドの認知拡大が今後の課題
Q.遊技した機種が「ごらく」シリーズだとご存知でしたか?
・知っていた 31.0%
・知らなかった 69.0%

お客様の声をカタチに!回答者の約87%が「また遊びたい」 ~PB機ユーザーアンケート調査に2,000名が回答~:ダイナム

お、おぅ。ま、まぁ「ごらく」自体が立ち上がったばかりだし、認知度は低いのは仕方ない。でも、この「ごらく」を「PB機」に置き換えた場合の結果は興味あるね。ユーザーにしたらその機械が面白いかが肝心であって、PB機かどうかは二の次かもしれないよね。

コメント