フィールズはスタバ面接で高学歴就活生をゲットしていたらしい。

メーカー・販社

プレジデントオンラインにこんな記事があって。

就活生に愛される企業はスタバで面接する 会議室で「本音」を聞き出せるのか | プレジデントオンライン
「なかなかいい学生を採用できない」。そう悩む中小企業の多くは、面接を自社の会議室で行っているようです。採用コンサルタントの礒谷幸始…

採用コンサルの人の記事なんだけど、要するに会議室なんかだと学生が緊張して本来の姿が見えないから、リラックスした空間で面接することが大切だそうで。で、この方、フィールズで採用を担当していた時期があったらしく。

スポンサーリンク

パチンコ業界のフィールズで採用担当をしていた当時は、ネットの採用ページに高学歴の学生のエントリーがあった瞬間に、そのエントリーした学生に直接電話をし、「スタバで情報交換しませんか?」と提案していました。パチンコ業界は学生にとって人気業界ではないため、数少ない高学歴の学生とはすぐにコンタクトを取って採用したかったのです。

就活生に愛される企業はスタバで面接する:プレジデントオンライン

確かにフィールズっぽいな、スタバ面接。言われてみればリクルーターっぽい人と就活生らしき学生が話してるのは見かけるけど、あれのことかな?それよりこの手のカフェだと、明らかにマルチの勧誘っぽいのよく見るよね。

今は、学生が減ってるから企業も採用は大変なんだろうね。イベント的なことやってる企業もあるし、確か三洋とか大一も何か就活生対象にしたイベントみたいなのやってなかったかな?ま、いいや。

それにしても、2期連続で大赤字のぶっこいたばかりのフィールズ時代の話されてもいまいち説得力には欠けるよね。タイミング悪スギちゃん。

コメント