平和の創業者・故中島健吉氏の私邸が宙ぶらりん。

メーカー・販社

平和の創業者で2012年に亡くなった中島健吉氏がお家を桐生市に寄付したみたいだけど、使い道が決まらずに4年以上も放置されているとのこと。

 桐生市は寄付を受けてから4年以上も活用法が決まらない「旧中島邸」(同市堤町2)について、民間事業者から意見や提案を求め、対話を通して市場性の有無やアイデアを募る「サウンディング型市場調査」を実施する。25日に現地見学会(希望者のみ、事前申込制)を実施し、5月7日から参加受け付けを開始する。6月中に参加者と調査し、7月には結果を出す方向だ。

活用アイデアを 企業創業者の遺志で寄付受け 桐生市、提案募集へ /群馬:毎日新聞

そうですか。故人の思いは未だ届かずといった感じで、何だかちょっぴり切ないね。

スポンサーリンク

旧中島邸は、桐生市発祥でパチンコ台製造メーカーの老舗「平和」(本社・東京都台東区)の創業者、故中島健吉氏の私邸。市西部の市街地を望む丘陵にあり、約5710平方メートルの敷地に鉄筋コンクリート2階建て延べ約530平方メートルの居宅(2000年築)など3棟が建つ。中島氏の「市政発展に役立ててほしい」との遺志で13年11月、桐生市に寄付された。

活用アイデアを 企業創業者の遺志で寄付受け 桐生市、提案募集へ /群馬:毎日新聞

ごつい家だね。グーグルで調べてみよう。オッケーグーグル!旧中島邸の場所を教えて!

コチラです。

ゴツいね。家から逆三角形の部分が敷地なのかな?引きで見ると敷地の広さがよく分かる。

閑静な住宅地にあって日本貿易振興機構(JETRO)の展示商談会で利用された実績もあることから、市は当初、会議・レセプション施設や「迎賓館」などに活用することを検討した。しかし、周辺道路が狭く大型車両が入れない▽調度品はなく新規購入が必要--などの理由で、実現できずにきた。

活用アイデアを 企業創業者の遺志で寄付受け 桐生市、提案募集へ /群馬:毎日新聞

なるほど。で、結局今回の公募に至るって感じだろうね。有効に活用して欲しいね。全然思いつかないけど。

コメント