全日遊連の理事長が6号機が適合しないと高射幸性遊技機の設置比率目標の達成は難しいと警察にお伝えしちゃった模様。

業界団体

都遊協の理事会が行われたんだけども。

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

阿部理事長は、旧基準の高射幸性機の設置比率を来年1月31日までに15%以下とする全日遊連の自主規制に言及。「試算では、全国であと約5万3000台の入れ替えが必要なのだが、6号機が型式試験に容易に適合しない現状が続くと、達成が難しい。それは警察庁にもお伝えした。ただ、ホールとしては必ずクリアするのだとの意識で取り組んでほしい」と述べた。

だから6号機関係無いと何度言ったら・・・

6号機の状況によっては高射幸性スロットの設置比率期限の変更をせざるを得ないという議論が出てくるかもしれないようなんだけど、6号機関係なくない?
回胴遊商の理事長が6号機の状況次第では高射幸性スロットの設置比率期限の変更といった議論が出てくるかもしれないとの発言があったけど、6号機関係なくない?
スポンサーリンク

都遊協の理事長=全日遊連の理事長でもある訳で都遊協の理事会とは言え、流石にこんな弱気でどーすんのって話で。最後の文言だけで良くない?こんなぬるいこと言ってると、宇佐美典也氏とか田中紀子氏にツッコまれるぞ。

警察にお伝えしたって、そんなこと伝えたらいかんだろう。警察も「お、おぅ…」って感じだよね。

ちょうど良いタイミングで先月の保通協の型式試験の結果が公表。

そんなに6号機が良かったら全部販売してもらえば良いじゃん。5,000台ずつでクリア。やったね!

当初の設置比率目標の時とか、パチンコ・パチスロアドバイザーの時とかは組織としてまとまってる感あっただけにちょっと残念。

しかし、安心パチンコ・パチスロアドバイザーって名前ダサいよね。

コメント