京楽、2期連続の200億超えの損失で正念場を迎える(但し、1年前)。

メーカー・販社

京楽の2017年6月期の決算が官報に掲載されたみたい。


一昨年が277億の赤字だったから、2期連続の200億オーバーの赤字。過去の決算は以下参照。

スポンサーリンク
『京楽産業 2017年6月期決算公告』
京楽産業株式会社第56期(2017年6月期)決算公告 2018.06.13官報より資本金4500万円 利益剰余金725.46億円 自己株式198.22億円売上…

京楽は6月決算。去年の7月以降の販売機種は次の通り。
2017年
8月
まどマギ
10月
テラフォーマーズ
仕事人豪剣
2018年
2月
GANTZ・ライト
3月
まどマギ・ライト
6月
冬ソナ

多分、こんな感じ。あと何かあったかな?販売機種と決算のタイムラグはあるとしても、今期の販売機種は6機種。内、新タイトルはまどマギと冬ソナだけ。面子見ると今期も厳しそう。

一時期に比べると、ホールのイメージは大分改善した感じisあるだけど。業績に反映されるのはもう少し時間がかかるのかな?来月にはウルトラセブンも控えてるけど、京楽って相変わらず、作り込み重視って感じで販売機種が少ないんだよね。

ウルトラセブンも良く出来てるとは思うんだけど、今の時期でそのクオリティ必要か?とは思ったりはした。どうせこの時期、マックス機があった時みたいな稼働しないんだから、クオリティよりも販売機種増やしたほうが良いんじゃない?って女子高生がハーレー乗り回しながら言ってたよ。

コメント