LINE@が統合され、従量課金制になるようですが、毎回毎回5個も6個もメッセージを送信しているパチンコ店は考えたほうが良さそうです。

その他

今では多くのパチンコ店が集客ツールとして利用しているLINE@。少し前にLINE@のシステムが変更されることがLINEから発表されてて。

LINE公式アカウントが月額0円からスタート可能に、他 マーケティング視点で注目すべきLINEの進化とは? (1/2)
LINEはこの1年の取り組みの振り返りと新たなサービスの発表を行う「LINE CONFERENCE 2018」を開催した。ビジネスアカウントや広告分野の新展開についての発表もあった。

LINEはこれまで大企業向けに「LINE公式アカウント」、中小企業や店舗向けに「LINE@」と、法人向けアカウントを2種類提供してきた。両方合わせると日本国内だけで250万以上の企業が利用している。それらを統合してLINE公式アカウントに一本化する。現行のLINE公式アカウントは月々最低250万円が必要だが、これを従来のLINE@同様、月額利用料金0円から利用できるようにするというのだ。

新料金体系は従量課金制で、つながっている「友だち」の数に応じて、月額0円の「フリー」、月額5000円の「ライト」、月額15000円の「スタンダード」が用意される予定だ。

友達の数に応じた月額料金+メッセージ数に応じた従量課金制になるとのこと。具体的な料金や導入時期は未定とのことだけど、こんな記事もあって。

スポンサーリンク

5,000円プラン
月15,000通までになり、追加は1通5円掛かります。

15,000円プラン
月45,000通までになり、追加は50,000通までなら1通あたり3円掛かります。

1,000,000通くらいになると1通1.5円になります。

LINE@がビジネス利用ピンチ!従量課金制で高額料金2018年11月から:ほっと一息休憩室

この記事ではパチンコ店のLINEについてもざっくり計算していて、それによると200万程の請求になるとのことなんだけど。

【例えば】

5,000円コース(ほとんどのパチンコ店が使っているコース)

1日あたりの配信数:3通×2回
頻度:毎日
友だち数:2,200人

の場合、月間配信数が396,000通になります!

396,000通 - 15,000通 = 381,000通

381,000通 × 5円 = 1,905,000円
というアホみたいな請求が来ますw

LINE@がビジネス利用ピンチ!従量課金制で高額料金2018年11月から:ほっと一息休憩室

この記事、結構バズってるんだけど、導入時期とか金額に関してはソースが見当たらないから、参考程度にしておいた方が良いと思う。ただし、従量課金制になることは決まってるから、パチンコ店にありがちな、1回のメッセージで複数画像+テキストっていうやり方は考えた方が良いかもね。


釣られてる、釣られてるw

ただ、これを機にLINEの使い方は考えた方が良いかもしれない。別の媒体を使うのも良いとは思うけど、TwitterはLINEの代わりにはならないと思うんだよね。LINEはメッセージングツールでTwitterはSNSだから目的が違うんだよね。タイムラインで流れちゃうから集客効果無いと思う。数十万単位でフォロワー抱えているなら別だけど。Twitterはブランディングの方が向いてる。

新規客に向けてなのか、リピート客に向けてなのかによって使う媒体もメッセージ内容も変えるべきなんだけど、どうしてもパチンコ店って画一的になりがちなんだよね。結局LINEもピーワメール化しちゃってるし。作業になっちゃうんだろうね。そうなると何使っても一緒なんだよね。

LINEは間口は広いから、これからも使った方が良いとは思うけど使い方は変えたほうが良い。要するにリピート客向けの媒体を持つべきってこと。

ん?SMS?あーないない。

コメント