パチンコ店は禁煙になりそうですが、稼働に影響はあるのでしょうか?

ニュース

以前から受動喫煙の問題は社会問題化していて、東京オリンピックをきっかけに公共の場所では原則禁煙にするべきっていう議論がされたけど、いよいよ現実になりそう。

 政府は9日、たばこの受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案を閣議決定した。基本方針に「望まない受動喫煙をなくす」と掲げ、学校や病院、官公庁などは屋内を「全面禁煙」とする。東京五輪・パラリンピックを控え、政府は今国会に提出して早期成立を目指す。

健康増進法改正案を閣議決定=受動喫煙対策強化-政府:時事通信

これに関しては反対する理由もそんなに無さそうだから成立するんだろうね。そうなると気になるのはパチンコ店の扱い。

 パチンコホールは屋内原則禁煙。喫煙専用室を設けることはできる。法案概要には「室外への煙の流出防止措置」と明記されており、設置できる喫煙専用室の要件については別途省令等で定めるとみられる。
罰則も盛り込まれた。禁煙場所で喫煙し、行政の指導や命令に従わない悪質な違反者には最大30万円、灰皿を撤去しないなど対策を怠った施設の管理者には最大50万円の罰金が明記された。

健康増進法改正案、衆院提出:グリーンべると

そうですか。禁煙ですか。灰皿も撤去しないといけないってことは自動回収とかも撤去ってことかな?何か大変そう…。日遊協が頑張ってたけどその甲斐むなしく・・・って感じかな。

日遊協は、堀内専務、薛博夫社会貢献・環境対策委員長が出席。これまでにも日遊協は、昨年11月16日に厚生労働省の公開ヒアリングに出席。今年2月15日に自民党厚生労働部会のヒアリング、3月7日自民党たばこ議員連盟の臨時総会出席など、4回目の陳述となった。日遊協としては、たばこと親和性のある業種の一つであり、すでに受動喫煙の条例県の事例(努力義務)もある事を説明。「受動喫煙の強化に取り組む事は非常に重要と考えているが、神奈川県や兵庫県のように、引き続き施設管理者や業界団体の自主的努力によって、遊技参加者の理解を得つつ、段階的に環境整備を図っていく事で十分に受動喫煙防止対策は進むと考える」として4点について意見を述べた。

(1)業種の扱いについて(サービス業施設という大枠で括るのではなく、施設を細分化し、それぞれ適した対策検討)(2)風営法業種特有の事情への配慮について(構造設備について既存法令で厳格に規制されており、内容によっては相当な期間休業が必要な場合も想定される)(3)多様な施策と十分な準備期間について(当初提示案の場合は、休業分の営業補償及び設置にかかる費用等十分な公的助成の要望)(4)アイコスなど加熱式たばこの取扱いについて(世情や科学的根拠を踏まえて適切な判断)述べた。

日遊協 受動喫煙対策について厚労省ヒアリングで意見:娯楽産業協会

ま、しゃーない。多少の緩和措置はあるのかもしれないけど、今のままってことは無さそうだね。設備の変更もそうだけど、やっぱり気になるのは稼働への影響。

スポンサーリンク

そんなに影響ないんじゃないの?

禁煙になったらパチンコ離れが加速するとかいう意見もあるけど、どうなんだろう?関係ないんじゃないのかな?特定の地域とかだったら影響はあるかもだけど、一斉にそうなるわけでしょ。タバコ吸えないからパチンコ辞めるっていう人が大多数なんだとしたら、パチンコの魅力って所詮、そのレベルってことじゃないの?

所詮、タバコが吸える・吸えないなんていうのは付加価値のひとつに過ぎないんだから、そんなに焦る必要もない。別の付加価値をつくれば良いんじゃない?

現実に禁煙店舗で成功している例もあるし、その店舗には禁煙ユーザーが集まってるかというとそんなことも無い。普通に喫煙ユーザーも来てる。禁煙比率は確かに高いのかもしれないけど。

むしろ今の喫煙率って3割切ってて、一番多くても40代男性の36.7%、女性に至っては40代女性の13.7%だからね。

単純に比率の多い方にターゲット絞ったほうが良いんじゃない?これ言うとパチンコユーザーの喫煙率は高いっていう声が聞こえてきそうだけど、そんな旧態依然とした考えだからパチンコユーザー減ってんるんじゃないの?

ま、管理人さんがタバコ吸わないっていうのもあるけどね。でも、良いと思うけどね。まだ時間はあるんだから十分、準備もできるでしょ。

小さい店舗は設備とか大変だからその辺は何とか考えてほしいけどね。

コメント