プレイランドキャッスル記念橋南店の店長が自らTwitterでステマをやってる疑惑があるようですが、他のパチンコ店も対岸の火事とは思わない方が良い。

ホール

まとめサイトにも取り上げられているけど、愛知のプレイランドキャッスル記念橋南店の店長が自らTwitterでステマをやってる疑惑が浮上。

プレイランドキャッスル記念橋南店

きっかけはこの投稿から。


本人ははぐらかすも、競合店の中の人に暴露され、挙げ句諭されるという展開に。


スポンサーリンク


このヤナーニ氏は認めてはいないけど、仮に本人だとすると脇ガバガバすぎるよね。あくまで想像だけど、直接宣伝はできないから、安易な気持ちで個人のアカウントでつぶやき始めた感じなのかな。きっとステマの意識も知識も無いんだと思う。

ステマが違法なのは大前提として、このヤナーニ氏のフォロワーって981人しかいないし、過去のステマツイート見てもいいね!もリツイートも全然無いから、インプレッションも大したことないと思うんだよね。違法行為をしてまでの宣伝効果があるのかは甚だ疑問。

Twitterってよほどのインフルエンサーでも無い限り宣伝効果って実は殆ど無かったりするんだよ。そもそもコミュニケーションツールだから、それように作られていないから。フォロワー少ないアカウントで、ある程度の宣伝効果を出そうと思ったらTwitter広告しか無いと思うんだけど。

https://ads.twitter.com/onboarding/18ce53yozcn/welcome?onboarding=true

ただ、こんなの第三者がやるわけないから、自らステマを告白しているようなもんだからこれも使えない。要するにパチンコ店のTwitterのステマってリターンより圧倒的にリスクの方が多いからコスパ悪すぎる。

で、このヤナーニ氏なんだけど、これが店長と同一人物と言う前提だけど、おそらく店長個人の判断でやってると思うんだよね。これって決して対岸の火事とは言えないわけで、広告宣伝は店長の裁量に任せている法人は多いと思う。店長がステマとかの知識を持っていれば良いんだけど必ずしもそうとも言えない訳で。

自店の店長が第2第3のヤナーニになる前に確認しておいた方が良いかもね。

コメント