スロット設置比率30%大幅オーバーの店舗が逆ギレしているらしい。

ホール

スロットの新基準に該当しない遊技機の設置比率を去年の12月1日までに30%以下にするっていう自主規制。11店舗程が守られていなかったみたいだけど、その殆どが廃業や閉店するっていうの既に業界誌でも報じられている通り。

報告によると、今理事会ではパチンコ・パチスロ依存問題への対応や各団体との定期連絡協議会等の開催結果を報告。また、新基準に該当しない回胴式遊技機の設置比率30%以下の目標値未達成が11店舗あり、このうち3店舗が昨年末で廃業、残りの店舗もほとんどが閉店する予定であることが報告された。

設置比率30%以下未達成は11店舗:遊技日本

「殆ど」ってことは営業する店舗もあるってことだとは思うんだけど、2月以降も3法人4店舗が30%オーバーしているらしく、その内1法人1店舗は既に30%以下になっており、1法人1店舗は休業中とのことで、実質1法人2店舗が現在も30%を超えた状態で営業している・・・らしい。

スポンサーリンク

逆ギレ

で、この法人が何やらキレているらしく、曰く「当初から決まっていたペナルティは覚悟してるんやけど、何や、県遊協から新台の販売も中止、30%以下になってからも180日間は新台販売中止言われたんやけど、そんなペナルティいつ決まったん?寝耳に水じゃけん、説明したってんか?」って感じ。

自主規制を守らなかった場合のペナルティに関しては以下の記事を参照。

9月28日、中古機流通協議会が構成団体宛てで発出した文書によると、今回、同協議会が決定した内容は3点。1点目は、新基準に該当しない回胴式遊技機の設置比率が、平成29年12月1日以降、回胴式遊技機総設置台数の30%を超えるホールに対し、認定申請(ぱちんこ遊技機、回胴式遊技機)及び中古遊技機(ぱちんこ遊技機、回胴式遊技機)の移動に関わる申請の受付を留保する(ただし、中古遊技機を移動・設置することにより設置比率が30%以下になる場合に限り受付をする)。

2点目は、平成29年12月1日以降に新基準に該当しない回胴式遊技機の設置比率が30%を超えていたホールに対して、30%以下になった日から起算して180日間、認定申請(ぱちんこ遊技機、回胴式遊技機)及び中古遊技機(ぱちんこ遊技機、回胴式遊技機)に関する保証書の発給停止措置を講じることができる。

3点目は、認定申請及び中古遊技機の移動にかかる書類の作成を依頼するときの運用について。ホールが認定申請に関する保証書の作成を依頼する際、設置比率を誓約するため、「新基準に該当しない回胴式遊技機の設置比率に関する誓約書(認定申請用)」を「認定申請遊技機点検確認依頼書」に添付のうえ、全商協傘下の地区遊商または回胴遊商の組合員に提出が求められる。運用は10月5日から。また、中古遊技機の移動に関しては、12月1日以降の入替分より設置比率を確認するための資料として「新基準に該当しない回胴式遊技機に関する確認書」を、全商協傘下の地区遊商または回胴遊商の組合員に提出することとした。

設置比率30%超ホール、認定申請・中古移動を留保へ:遊技日本

ペナルティは最初の2点。ちょっと調べてみたけど、確かに新台販売に関するペナルティは見当たらなかった。

スポンサーリンク

確信犯

この法人の言いたいことは分かるし、確かに急にペナルティの追加はおかしい。新台販売もとめられたら30%以下にするとしたら減台しかなくなっちゃう。でも、「いや、守ったらいいだけじゃんw」って話なんだけどね。

ただ、この店舗の場合、設置比率30%を大幅に上回っていて明らかに確信犯。怒られたら新台買ってリニューアルすればいいじゃんwっていうのがみえみえ。やったモン勝ちは許さないっていう組合の意思の表れだとは思うけど、難しい所ではあるね。

マックス規制の時にも大阪で守らなかった店舗があったけど、そこは既に閉店してるし、ハナからそのつもりだったみたいだけど、今回はどうも事情が違う感じ。

この手の自主規制は最終的には各々の良心に期待するしかないから、今回みたいに「は?自主規制?知らんしwww」って感じで来られたらお手上げっちゃあお手上げなんだよね。

どうなることやら。

コメント