パチンコの低迷要因は若者のパチンコ離れでFA。

その他

経産省が「し好的個人向けサービスの低迷の背景にある「趣味・娯楽」行動の変化について」というタイトルの資料を発表してた。

先日、2018年第1四半期のGDP速報が公表され、少し消費の勢いが落ちているとされました。実は、第3次産業指数(以下、サービス指数)の上昇の足をひっぱっているのも、個人消費の中の選択性が強い「し好的個人向けサービス」です。中でも最大の下落系列は「パチンコ」です。

サービス消費の動きの重石;「し好的個人向けサービス」低迷の要因は「パチンコ」:経済産業省

なるほど。まぁ、売上が大きいから与える影響も大きいってことなのかな?

スポンサーリンク

その低下要因を、人々の余暇行動の変化という視点で分析したところ、パチンコの主要な顧客は20代、30代で、その人口が減少している上に、それらの年代で人気が低下していることが判りました。

サービス消費の動きの重石;「し好的個人向けサービス」低迷の要因は「パチンコ」:経済産業省

ねこ
ねこ

主要顧客って50代以上のおっちゃんとかおばちゃんってイメージだけどデータでは2〜30代みたいね。確かに大型店舗とか、スロットなんかだと若年層が多いイメージはあるけど。

左上の図は、年代別のパチンコ行動率(人口に占めるパチンコを行う人の割合)7調査回分を、箱ひげ図風に表したものです。20~50代については、最小値が最新の2016年調査(図中青線で囲った部分)、最大値は25年前の1991年調査(図中黄色線で囲った部分)でした。これらの年代では、昔に比べてパチンコをする人が減っているようです。
但し、20代の行動率が最も高く、年齢が上がると共に減少する行動率の構造は、今も昔も変わりないようです。右上の図は、行動者数の前回調査比年代別寄与度分解ですが、行動者数の変化に対して、パチンコの主要な顧客である20代、30代の下落寄与が大きいことが判ります。

サービス消費の動きの重石;「し好的個人向けサービス」低迷の要因は「パチンコ」:経済産業省

結局は散々言われてきた、射幸性が上がり続けて、気がつけばヘビーユーザーしか残らなくなったって言うことを改めて裏付けられたって感じなのかな。

ねこ
ねこ

出玉規制の影響を指摘してるけど、多分逆だよね。

逆だね。出玉規制なんて最近だしね。スライド資料貼っとくから興味ある人は見てね。

し好的個人向けサービスの低迷の背景にある「趣味・娯楽」行動の変化について
し好的個人向けサービスの低迷の背景にある「趣味・娯楽」行動の変化について

ってこの資料の表紙、いらすとや使うのは良いとして、2個のいらすとくっつけてパチンコ店に行列ができていることを表現したいんだろうけど、流石にむりあるやろ。

ねこ
ねこ

雑コラwww

コメント