取材系イベントを辞めたら稼働が上がったらしいけど、それイベント関係なくない?

ホール

7月から取材系のイベントが禁止になった千葉でイベントを止めることで平均稼働が上がったホールがあるらしい。


スポンサーリンク

確かに、この一連のツイートにあるようにイベントの弊害って言うのはあるとは思うけど、月平均稼働が上がったのは、イベント止めたからじゃなくて、単純に7月7日と3連休効果じゃないのかな?

イベント止めても稼働は現状維持って言うのはあり得るとは思うけど、稼働が上がるっていうのはちょっと不思議だよね。これ、チラシなんかでも一時期よく言われてたけど、何かを止めて急に稼働が下がることなんてそうそう無い。

入替えもそう。今まで月2回の入替えをしていたホールが月1にしても急に稼働が落ちる訳じゃない。それで、安心して「な〜んだ、大丈夫じゃんw」ってなって入替えなり、チラシなり、イベントなり減らしていくんだけど、実は微妙に稼働は下がってたりするんだよね。気付かいないだけで。で、数カ月後に気付いた時には手遅れっていう。

入替えなり、チラシなり、イベントなりの集客手段って基本的に止めて稼働が下がることはあっても上がることは無いと思うんだよね。

何かを止めたら代わりに新しい何かを始めないと稼働は下がると思うよ。このツイート主の系列店舗の稼働が上がったのは単純に暦のおかげで、もしイベント禁止が6月だったらまた違った結果になってたのかもしれない。

今までイベントに使ってたリソースを他に回さないで溜め込んじゃうと、過剰にやってない限り稼働はじわじわ落ちてくるんじゃないかな。シェアも上がったらしいから、とっくにやってるのかも知らんけど。

コメント