中古機流通ルールとか性能表示モニタのデータ収集とか。

業界団体

回胴遊商の研修会で理事長が中古機流通のルール変更に言及したらしい。

パチンコ業界誌 PLAY GRAPH WEB

大饗理事長は冒頭のあいさつで、メーカー3社が中古機の保証書を発給するとしていた件に言及。「(同件は保留となったが、)中古機流通システムにおける目視点検の精度に、メーカー側が疑問を呈したもの。そのため、中古機流通協議会で(不正対策の強化策を)議論していくことになっている。機材を用いての点検確認など、運用ルールの変更があるかもしれないが、そのときは協力してほしい」と述べた。

スポンサーリンク

点検確認の精度をあげようと思ったら、販社の担当者が現地に行くっていうやり方だと、どうしても無理があるよね。販社側の担当者が色々忖度しちゃう。そういう意味ではこのニュースなんかもそう。

日工組が「性能表示モニタ」の試験運用でデータ収集へ | パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web
日工組は7月27日、全日遊連、日遊協、同友会、余暇進、PCSAの5団体に対し、新規則パチンコ機から搭載される性能表示モニタの運用開始にあたって、まずは試験運用期間を設けることを伝えた。

実施者はパチンコ機を販売した委託業者を含むメーカーで、新規則パチンコ機の特定部品の点検確認時などに、販売したメーカー、委託業者が自社機の性能表示モニタに表示される「bL」「b1」「b2」「b3」の数値を収集する。

中古の点検確認であったり、このデータ収集とかもホール側の協力が不可欠なんだけど、なかなかその趣旨が伝わらなかったりするんだよね。エッジの効いた責任者も結構いるし。中古流通に関しては、機材使ったりしても根本的な解決にはならない気がする。

コメント