警察がパチンコ店舗数の推移とかまとめてくれた。

ニュース

毎年、警察が「風俗環境の現状と風俗関係事犯の取締り状況等について」っていう資料をまとめて、大体今の時期に発表してくれる。優しいね。

まぁ、予想通りって言えば予想通りなんだけど、一応目は通しておく必要はあるよね。って言うわけで、データ抜粋したよ。

スポンサーリンク

営業所の許可数の推移(件)

H25 H26 H27 H28 H29
併設 10,873 10,610 10,319 9,991 9,623
スロ専 1,020 1,017 991 995 973
合計 11,893 11,627 11,310 10,986 10,596

許可数=店舗数で良いと思う。スロ専が一瞬チョロっと増ええるけど、基本的には右肩下がり。10,000店舗割れっていうのはあくまで全日加盟店舗だから非組店舗入れると、まだ10,000店舗は何とかキープ。そういう意味では遊技産業健全化推進機構の数値が一番リアルタイムに近いってことかな。

遊技機台数の推移(台)

H25 H26 H27 H28 H29
パチンコ 3,009,314 2,954,285 2,918,391 2,833,133 2,749,532
スロット 1,602,148 1,643,290 1,661,562 1,691,876 1,687,084
スマートボール等 252 244 244 244 225
合計 4,611,714 4,597,819 4,580,197 4,525,253 4,436,841

全体では減少傾向。トピックとしてはパチンコ減、スロット増といった傾向が続いていたけど、スロットもとうとう前年比で減少に転じたってことかな。スマートボールも4年ぶりに減少。

1店舗あたりの設置台数推移(台)

H25 H26 H27 H28 H29
設置台数 387.8 395.4 405.0 411.9 418.7

これは毎年増加傾向。店舗の大型化が進んでいるってこと。そのまんま。

設置台数別の店舗数の推移(軒)

H25 H26 H27 H28 H29
100台以下 318 293 262 247 209
101〜300台 4,588 4,355 4,154 3,880 3,630
301〜500台 4,365 4,218 4,082 3,987 3,845
501〜1,000台 2,400 2,518 2,534 2,585 2,603
1,001台以上 222 243 278 287 309
合計 11,893 11,627 11,310 10,986 10,596

設置台数別の構成比(%)

H25 H26 H27 H28 H29
100台以下 2.7 2.5 2.3 2.3 2.0
101〜300台 38.6 37.4 36.7 35.3 34.2
301〜500台 36.7 36.3 36.1 36.3 36.3
501〜1,000台 20.2 21.7 22.4 23.5 24.6
1,001台以上 1.8 2.1 2.5 2.6 2.9

500以下の店舗が減少、500台以上の店舗が増加。店舗の大型化が進んでいる。とは言え、1,000台クラスはまだまだ少数派で、ボリュームゾーンは101〜500台で7割を占めている。

大型店舗に駆逐される中小店舗

と、まぁこんな感じ。予想通りだとは思うけど、いつも見るたびに思うのが1,000台クラスの構成比の少なさ。500台以上を含めると3割弱になるとは言え、500台以下の店舗が圧倒的多数派。でも実際に市場を牽引しているのは大型店舗だったりするから、まさに「少数の大手が市場をリードする」っていう構図が見えてくる。

ただ、これってパチンコ業界だけの話じゃなく、他業種ではとっくにこうなってる。喫茶店とか、スーパーとか、電機屋とか。

じゃあ、個人経営の喫茶店とか、街の電気屋さんが無くなったかと言うとそうでも無く店舗数は減っているけど、残っていることは残っている。これが0だったら絶望しか無いんだけどそうじゃない。

これから大型店舗に駆逐されそうな中小店舗は他業種に学べることが多いんじゃなかな?と思ったり思わなかったり。

コメント