何でサミーの日は3月3日にしなかったんだろう。

メーカー・販社

3月31日がサミーの日に認定されたそうで。

331でサミーってことなんだけど、ゴロ的にも3月3日の方が絶対良いよね。覚えやすいし。イベントもしやすいwっていうの冗談にしても、3月3日はやっぱり忖度して回避したのかな?

この記念日を認定する日本記念日協会のホームページで「パチンコ」とか「パチスロ」で検索すると色々出てくる。7月4日はナナシーの日とか、8月7日は花慶の日とかは有名。

スポンサーリンク

ホール企業独自の記念日

ホール企業でも次の3件が出てきた。

関東地方のジャンジャングループ:デルちゃんの誕生の日(毎月22日)

関東地方に店舗を多数構えるパチンコ・パチスロ店チェーンのジャンジャングループが制定。ジャンジャングループのマスコットキャラクターである「デルちゃん」の誕生日(4月22日)にちなみ、毎月22日はパチンコ・パチスロの楽しさ、面白さをより多くのお客様に伝えようとホール全体で盛り上げるのが目的。

一般社団法人日本記念日協会

茨城の747グループ:鳳凰くんの誕生日(4月7日)

アミューズメント産業の中心的な存在のパチンコ、パチスロなどのパーラー業界。茨城県水戸市などで「セブンフォー」の愛称で親しまれている遊技場(パーラー)を経営する747グループの泰成実業株式会社が、グループのキャラクターである「鳳凰くん」の誕生日から制定。その日はホール全体で祝い、お客様に「楽しさ」と「喜び」を味わっていただくのが目的。

一般社団法人日本記念日協会

茨城のビッグマーチ:「美熊くん誕生日」(3月3日)

茨城県つくば市に本社を置き、パチンコホールなどを運営する株式会社ジョイパックが制定。自社のパチンコホール「ビックマーチ」のキャラクター「美熊(ビクマ)くん」の誕生日。日付はホールの屋号の「ビッグマーチ」を訳すと3月になり、3が重なるゾロ目の日であることから。この日にパチンコ、スロットの魅力を伝え、楽しんでもらうのが目的。

一般社団法人日本記念日協会

全部オリジナルキャラクター絡み。今はこれらが機能してるかは分からないけど、日にちからするとさもありなんって感じ。3件中、2件が茨城っていうのは偶然なのかな?

昔だと冬ソナの導入に合わせて京楽のプロモーションで4のつく日はヨン様の日ってあったよね。今では考えられないけど、ホールとしても店舗での告知も限界があるし、助かった記憶はある。

因みに7月7日はびっくりぱちんこの日になってる。懐かしい。びっくりぱちんこ。

コメント