スロキチ先生が4つあるという設定の法則の内、1つしか公開してくれなくてモヤモヤが止まらない。

その他

パチスロを年間1,000時間遊技し、日々パチスロを研究しているという、自称・ジャグラー博士こと一流パチスロ研究家のスロキチ先生。スロキチ.comっていうサイトを毎日更新しているのはご存知の通り。3秒位で読めちゃう読者思いの良質な記事を日々提供してくれいるから、勉強になるよね。

あれだよね、スロ専は台間を20センチ確保して、肘掛け付きの椅子にして、中リールに7が2個あるアイムジャグラーをメイン機種にして薄利で運用すれば良いんだよね。簡単だね!なんでどこのホールもこんな簡単ことできないんだろう?バカなのかな?

そんなスロキチ先生が先日、4つあるという設定の法則の内の1つを惜しげもなく公開してくれてたんだよね。もうこれは必見。

スポンサーリンク

設定はある程度読ませる。設定は4つの法則があります。出た台は設定を上げる。

設定の法則①:スロキチ.com

な、なんだってーーーー!普通出た台は下げるんじゃないのか!まさに目からウロコ!棚からぼたもち!母を探して三千里!

出た台の設定を下げてしまったり、3から3に据えおいてしまい翌日出なかったら、お客様に設定を下げたと思われます。

設定の法則①:スロキチ.com

なるほど、なるほど。確かにそうだね。ユーザーに設定を下げたと思わせない為に出た台をあえて上げるのか。メモメモ。

設定1でたまたま出た台を4に上げて出たら、たまたま出た設定1を高設定だったのかと勘違いします。出た台を上げることによって低設定を高設定だと思ってもらえます。

設定の法則①:スロキチ.com

低設定で逆噴射しちゃった場合も翌日にあえて高設定にすることで、逆噴射を利用しちゃう訳だね。凄い!まさにコロンブスの卵!逆転の発想!犬も歩けば棒に当たる!

出た台は敬遠されがちになりますので、設定を下げてしまうとほとんど稼働せず、1台少ない状態での営業となってしまいます。出た台は高設定据えおきか低設定なら高設定に上げることをおすすめします。

設定の法則①:スロキチ.com

確かに、今はナンバーランプで履歴が見られるから前日に出た台は敬遠されがち。特にスロットはそうだよね。そこを逆に設定を上げることで、本来のポテンシャルでの営業ができるって訳だね!これは、やっぱりスロ専は簡単だな。

でも、これ、出た台は敬遠されがちってのは確かにそうなんだけど、設定上げたからと言って敬遠されがちであることには変わりないんじゃないかな。で、出た台は高設定なら据え置きで低設定なら高設定に上げると、その内全台高設定になっちゃうじゃん。どうしたら良いんだろう?

出なかった台は高設定なら下げ、低設定なら据え置きにするのかな?でもそれだったら、ずっと同じ台が出て、同じ台が出ないことになっちゃうから、設定を読ませるどころモロバレになっちゃうよね。

きっと、残り3つの法則がそこら辺を解決してくれるんだろう。そうに違いない。しかし、この記事が公開されてからかれこれ2週間経っても、続きが公開されていない。モヤモヤが止まらない。

コメント