スロット6号機が全然適合しないみたいだけど、年末商戦にはギリギリ間に合うのでしょうか?

業界団体

保通協の8月の型式試験の結果が公表されたけど、スロットの適合率は先月に引き続き10%前半と低水準。

パチスロ6号機の適合状況、低迷続く | 『遊技日本』
保通協は9月3日、型式試験等の8月における実施状況の結果を公表。パチスロ6号機の適合状況は、同月中に結果書が交付された42型式のうち、適合が5型式、不適合37型式、適合率11.9%と、引き続き、適合状況の悪い形で推移した。 パチスロ6号機の適合状況は、初めて適合が確認された今年5月が4型式、6月が10型式、7月が4型式...

保通協は9月3日、型式試験等の8月における実施状況の結果を公表。パチスロ6号機の適合状況は、同月中に結果書が交付された42型式のうち、適合が5型式、不適合37型式、適合率11.9%と、引き続き、適合状況の悪い形で推移した。

パチスロ6号機の適合状況は、初めて適合が確認された今年5月が4型式、6月が10型式、7月が4型式、8月が5型式で推移。未だ合計適合数が23型式にとどまっている。この中には同一機種の別型式も含まれており、実際の機種数でいうと、もっと少ないと考えられる。

スポンサーリンク

当然、大事なのは中身で、数があれば良いっていう訳でも無いけど、少ないよりは多いほうが良い訳で。

それでも今月の受理件数が大幅に増えてるから、年末から年始にかけてはある程度コマは揃うのかもしれない。勿論適合率次第ではあるけれど。こうなると高射幸性スロットの設置比率の期限を1月末にしたのはGJだね。

高射幸性パチスロ機、設置比率減を決議 | 『遊技日本』
全日遊連(阿部恭久理事長)は4月24日、都内港区の第一ホテル東京で全国理事会を開き、高射幸性パチスロ機の今後の取り組みについて決議。事前の案通り、今後3年間に渡り、毎年1月31日を基準日として、全国に設置している高射幸性パチスロ機の設置比率を段階的に減らしていくこととした。 同組合が定めた高射幸性パチスロ機の設置比率の...

コメント