スロットコンサルのユニークワークスさん、バカにされる。

その他

少し前に、一流スロットコンサル会社のユニークワークスが勉強会を行ったらしく、今後の注力するべき機種として凱旋を挙げたようで。

上田部長は2020年11月まで設置できることから、ジャグラーシリーズ以外で、この先、最も注力しなければならない機種に「ミリオンゴット-神々の凱旋-」を指名。ユーザーに刺さるポイントとして、同機の上乗せ特化ゾーンの上位バージョン「SGG(赤7ぞろい)EX」を挙げ、これを出現させることで、ユーザーをしびれさせる方策を提案。「赤7ぞろい(初当たり)した際の『EX』突入率は、設定1・2・4・6の1.6%に対して、設定5は3.1%、設定3は6.3%」と述べ、設定3の使用を推奨。
「来店動機を“高設定”から(遊技機特有の特別な)“経験”にシフトすることで、他店にはない価値が提供できる店舗になれる」と力説した。

ユニークワークスが恒例の勉強会:パチンコビレッジ

力説したかどうかはさておき、一理あるよね。なるほどとは思う。ただ、これに対しクチの悪いゆるキャラで有名なスロバス君がTwitterでバカにしていて。

スポンサーリンク


これもごもっとも。ユニークワークスの上田氏が言っているのは、最近流行っているコト消費をパチンコ店でも実践しましょうってことを言いたいのかな?その具体例として凱旋を挙げているんだと思う。

一方スロバス君の言っている店舗によって環境が違うんだから正解なんてないっていうのも正しい。ただ、これを言っちゃうとセミナーが成立しなくなっちゃうからね。ある程度、具体例を挙げないとそれこそ受講者に刺さらないしね。

本来セミナーなんていうのは、内容を持ち帰って自店舗に落とし込めることがひとつでもあれば良いと思うんだけど、打ち出の小槌を欲しがる人が多いのも事実。

で、事務員でも言えるようなことを言えない人が結構多いのも事実なんだよね。だから、こういうセミナーとかコンサルは無くならない。

コメント