いっそのことユニバと青山氏は共同で業界標準用語をつくったら良いんじゃないの?

メーカー・販社

ユニバからグローバルアミューズメントの青山氏に紙爆弾が着弾したらしく、昨日あたりからLINEとかで拡散されて、twitterにもアップされてた。リンクは貼らないけど、まだ見てないって人はtwitterで「ユニバ サントリー」でレッツ検索!

スポンサーリンク

ユニバの言い分

ユニバの言い分を要約するとこんな感じ。

データCOMPASS10号について

・不都合な事実を隠していることはありまへん。但し、人員に限りがあるから詳細な説明ができない場合もあるでよ!
・確変TY8,000がウソや言うてはるけど、最大確変TYは8,616個あるからウソやない。潜伏は特賞中に含まへんのが一般的や。せやさかい、青山はんの潜伏を特賞中に含めてマイナスにしてるのは間違いや!
・青山はんのスペック分析では千円スタート15回とかなってるけど、内規でベース30ってなってるのにそんなんありえへん。これひょっとしてアレちゃうの?アンタのコンサル先の機械の評価上げる為にウチの機械ディスってるんちゃうん?で、潜伏搭載機と非搭載機を比較すること自体がナンセンスやで。

データCOMPASS11号について

・なんや販売台数のことで勝手なこと言うてはりますけど、当初の予定販売台数は20,000台やから下方修正やなく、上方修正してるんやで。
・パックマンがゴッドの抱合せやみたいなことも言うてはるけど、そんなことないで。独禁法違反やからそんことせぇへん。

こんな感じ。で、名誉毀損と業務妨害ということでこの記事の削除を求めているらしい。因みにその記事はこれ。

PDFで読みにくいけど勘弁してね。

解釈論

スペック表記に関しては両方の言い分はどっちも正しいんじゃない?実際にゴッドは初当たり16Rだと期待値8,600個位はいくし、言葉の意味の捉え方の問題だよね。潜伏確変を特賞状態に含まないのが通常の理解かどうかは分からないけど、そういう解釈があるのも理解はできる。そうすると初当たり確率変わってくるんだろうけど。

抱き合わせはそう言ってるんだからそうなんじゃない?ま、但し営業マンが勝手にやった可能性はあるっていういつものアレでしょ。

ユニバの言うように青山氏が「恣意的に他社機の性能を高くしている」のであればプロレスだろうから、「良いぞ!もっとやれ!」って感じなんだけど、単純にオコなんだったらスペックに関しては解釈論だから決着はつかないよね。

いっそのことユニバと青山氏でそこら辺の業界標準になるような定義を決めたら良いんじゃないの?何かユニバーサルエンターテインメントとグローバルアミューズメントって意味も語感も何となく似てるし。

しかし、恣意的に性能を高くしている他社機があるとしたらどこなんだろう。ゴッドと一緒に比較されてるのはキャプ翼と北斗だけど。

コメント